終了しました:第31回公開講座「人間を観る アントロポゾフィー医療」

好評のうち終了いたしました。次回の公開講座は決まり次第載せていきます。

第31回公開講座「人間を観る アントロポゾフィー医療」

2019年6月16日(日) 13:00~17:00 [開場12:30]
福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみん
福岡市中央区今泉1-19-22 天神クラス 4階
https://www.fnvc.jp

講師:安達晴己氏(プライマリケア医師、アントロポゾフィー医学認定医)

アントロポゾフィー医学では、人間を身体だけの存在とは考えません
心や精神を持つ統合的な存在と観ています
そのような存在である人間を、どのような視点で、どのように診断するのか
そしてどのような治療の可能性があるのでしょうか

第一部  「アントロポゾフィー医学から観た疾患の理解」
13:00~15:00 定員:70名(内容は医療者向けですが、一般の方も参加できます)
参加費:会員/医療の会会員2,500円・一般3,000円・学生1,000円

アントロポゾフィー医学に基づく四分節・三分節での診察、観察、診断についてお話ししていただき、代表的な疾患として、高血圧などを取り上げ、疾患の考え方、薬の使い方、
看護(外用手当)・芸術療法の紹介などをしていただきます

第二部 「アントロポゾフィー医学的観察 症例を通して」
15:30~17:00 定員:20名(当会会員、医療の会会員のみ)
参加費:1,000円

アントロポゾフィー医療を学んでいる方向けに、実際の症例を紹介していただきながら
疾患の理解とアントロポゾフィー的観察を深めていきます

※事前申込の上、お振込みをお願い致します。尚、当日お支払の場合は500円増しとなります

安達晴己氏 プロフィール

医師として研修後、子育てを通してシュタイナー教育と出会う
2010年アントロポゾフィー医学認定医を取得
通常医学の診療所に非常勤として勤務
2011年11月、福津市にアントロポゾフィー医療を自由診療で行う
「小さいおうち自由クリニック」を開所
一般社団法人 日本アントロポゾフィー医学の医師会代表
二児の母

お申し込みは、氏名、連絡先、種別(当会会員/医療の会会員/一般)、職種を
記載の上、看護職の会事務局まで、メールかFAXでお申し込み下さい
折り返しご案内を致します。参加費はその後にお振込み下さい
メール:anthro-nr@rel-int.jpn.org
FAX:050-3415-3190

第31回公開講座 「人間を観る アントロポゾフィー医療」 チラシ表

第31回公開講座 「人間を観る アントロポゾフィー医療」 チラシ裏