書籍「Dr.マテスの5日間講義」の購入方法について

チラシはこちら→→Dr マテス講義録

Dr.マテスの5日間講義〜アントロポゾフィー医学の観点からの人間理解〜

著者・講演:ハラルド マテス
講義通訳:浅田豊
翻訳:石川公子/江崎桂子/工藤咲良

B5版 本文80頁

価格1500円+税
2018年10月27日発行
装丁・本文デザイン 芹澤廣行

協力 一般社団法人日本アントロポゾフィー医学の医師会
編集発行 アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会

内容:この本は、初回国際アントロポゾフィー看護ゼミナール(2009年9月21日から27日)において、アントロポゾフィー国際医学ゼミナールに招聘されていたハラルド・マテス医師が、未来のアントロポゾフィー看護師のために5日間の連続講義(75分/日)を行なった時の講義をまとめたものです。これは、アントロポゾフィー医学を
学ぶ上での基本的な人間理解を説いたルドルフ・シュタイナーの「私たちの中の見えない人間〜治療の根底にある病理〜」(小箱講義として親しまれている)を看護師対象にわかりやすく説明しています。

ハラルド・マテス医師/医学博士
ベルリン フンボルト大学付属病院教授(統合医学/アントロポゾフィー医学)
ベルリン ハーベルヘーエ共同体病院 医師の長およびマネージャー
ベルリン ハーベルヘーエ研究所 学術部長
研究領域:ヤドリギ研究、アントロポゾフィー内科学等

お問い合わせ・購入方法
アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会事務局 http://www.anthro-nr.jpn.org
mail: anthro-nr@rel-int.jpn.org
住所、氏名、連絡先、希望冊数を明記の上、上記アドレスに申し込んでください。
価格:1500円+税  別途送料必要 (まとめて10冊以上購入される場合、1割引)
支払い方法:書籍と一緒に明細・振込先を同封します。

第30回公開講座のお知らせ

画像

好評のうち終了しました。ありがとうございました。
「いきることそして進化に関わる環境としての建築 病気と関わる空間を考える」
講師: 岩橋亜希菜氏
日時: 12月16日(日)
13時30分~16時45分(開場13時)
場所: すみれが丘ひだまりクリニック 神奈川県横浜市都筑区すみれが丘13-3
定員: 20名
参加費:会員/後援団体会員3000 円 一般3500 円 学生1000 円
※事前申込の上、お振込みをお願い致します。尚、当日お支払の場合は500円増しとなります。
お申し込みは、氏名、連絡先、種別(当会会員/医療の会会員/一般)、
職種を記載の上、看護職の会事務局まで、メールかFAXでお申し込み下さい。
折り返しご案内を致します。参加費はその後にお振込み下さい。
メール:anthro-nr@rel-int.jpn.org FAX:050-3415-3190
<振込先>アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会
振替口座郵貯00110-9-726537
尚、一旦振り込まれた参加費は返金できませんのでご了承ください。
(代理出席可能) *振り込みが確認できるものをお持ち下さい。
 病気と言う状態の中に身を置くとき、それは辛く困難な時間となります。しかし同時に「病であることもひとつの自然な状態であり、病気をすることも意味があるのだ」とすると、過去と未来を結び合わせる現在の中今という1シーンに病を通して関わるものはどのように振舞うのでしょうか。この振る舞いをどうとるかによって、そこでの行為やいとなみの質が変わってきます。
建築は内部空間と言うひとつの世界を形成しますが、その質は空間をどのように創りたいかによって変わってきます。機能やフォルムに翻訳されて建築の肉体や皮膚を形成してゆき、完成した建築はその 質を通して人に語りかけ、人は空間を呼吸して生きてゆきます。ですから建築は空間環境として、そこでのいとなみと同じ様に人に関わっています。
今回は医療の場としての建築はどのような空間の質を必要としているのか、そしてそれはどのように形成されるのかを、医療という振る舞いを中心として考えてみたいと思います。

満席:第29回公開講座のお知らせ

好評のうち終了しました。ありがとうございました。

アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会 第29回公開講座
「オープンダイアローグって何?~フィンランド視察研修から学んだもの~」

日時:5月27日(日)13:30~15:30
会場:難波市民学習センター (大阪市浪速区)
内容:視察研修に参加した八尋美千代氏と岡本響子氏の対話形式での報告/グループで意見交換/全体にシェア/講師2人から応答
参加費:会員2500円、一般3000円(当日500円増)
定員:30名 満席となりました。ありがとうございました。

第29回公開講座「オープンダアローグ」チラシ表

第29回公開講座「オープンダアローグ」チラシ裏